新生児のためのベビー服の選び方

赤ちゃんが生まれると、ベビー服が必要になります。ベビー服の購入は、できるだけ出産前に準備をしておく必要があります。赤ちゃんが着る服は、どれだけあっても問題はないので、出差にワイでいただける時には喜んでいただくようにしたいものです。新生児のためのベビー服の選び方について紹介します。赤ちゃんの着るための服を選ぶためには、まずは赤卵の体について理解する必要があります。生まれたての赤ちゃんを、お母さんや看護師さんがどのように抱きかかえるかを思い出して下さい。新生児を抱っこするときには、首を片手で支えてもう片方の手で新生児の体を支えます。


新生児というのは、首がまだ座っていないだけでなく、関節も柔らかいです。そのため無理な体制を赤ちゃんにとらせることは、赤ちゃんを危険に晒すことにつながります。このことを踏まえてベビー服を選ぶことにしましょう。生まれたての赤ちゃんは、短い肌着に見を包んでいます。肌着は着物のように前身頃が開いているために、とても着せやすいようになっています。このようなタイプのベビー服であれば、赤ちゃんの腕を無理に曲げたりすること無く、肌着を着せることができます。ベビー服選びのポイントは、赤ちゃんの関節に無理に負担をかけない服選びが大切です。次に、赤ちゃんは頻繁におむつを変えてあげなければなりません。おむつを変えてあげなければ、赤ちゃんのデリケートな肌がかぶれてしまいます。おむつを頻繁に買えるのに適した洋服があります。赤ちゃんの股の部分にボタンが取り付けられており、取り外しをするだけで簡単におむつを変えることが出来る仕組みです。このようなタイプの衣類も、赤ちゃんの関節に無理な負担をかけないような工夫が凝らされています。赤ちゃんの肌着選びに大切なことは、吸水性と通気性に長けていることが重要です。赤ちゃんはまだ自分で体温調節をすることができないため、肌着によって体温調節をして上げる必要があります。


コットン素材の肌着は、赤ちゃんの肌着の定番です。コットンは吸水性が良く、通気性が良い素材です。また、肌触りが良いために、赤ちゃんのデリケートな肌を優しく包んでくれます。逆に、化学繊維のものは吸水性が悪く蒸れやすいことから、新生児に着せる服の素材には適していません。赤ちゃんの肌はとてもデリケートであるため、化学繊維の素材はムレやかぶれの原因となりやすいです。ポイントを抑えて赤ちゃんの肌にやさしいベビー服を選びましょう。