乾燥肌の対策について

乾燥肌の人には、厳しい季節がやってきました。この季節は、特に乾燥肌の人には対策が必要です。毎年、この季節は厳しいですね。基本的に、基礎化粧品を全て保湿の高いものに変えます。そして、化粧水はいつもの2~3倍を2、3回に分けて肌に浸透させて行きます。そのあと、美溶液もいつもの2倍、クリームもたっぷりを朝と夜行います。ベタベタして嫌なんですけど、我慢しています。これをしないと、水分がなくなって肌が乾燥し、やがて小じわとなっていきます。ボディーにも、化粧水とボディークリームをぬります。ボディーもカサカサになってしますので、やっています。フェイシャルサロンにも通い月に1回、保湿のパックをします。すこしでも気を抜くと、乾燥が始まるので大変です。もっと楽な手入れがあればといつも思います。毎年、冬になるのが嫌になります。

乾燥肌の対策について

寒い冬の季節は湿度も下がり本当に乾燥します。肌トラブルが本当に悩ましくなります。頭皮だったり背中や手足はもちろん、顔などカサついて痒くなるほどだったりする人も少なくないでしょう。お風呂上がり背中が痒い。気づいたら足や手がカサついて白い。顔はガサガサ。頭皮は乾燥して痒い。などなど、悩みは人それぞれだと思いますが掻きむしったり放置することは余計に悪化させてしまうかもしれません。では、どのように乾燥肌と向き合ったら良いのでしょうか。まず、お風呂上がりの痒みなどについては薬用のクリームがあるのでそちらも良いかもしれません。手足のガサつきならば、こまめに保湿クリームで潤してあげたりワセリンなどで手先をケアしておくとささくれなどの予防にもなります。顔は何と言ってもデリケート。まず自分の肌が水分を欲しがっているのか、それとも油分を欲しがっているのかをきちんと見分ける事が大切です。いろんな対策があるので自分にあったケアを見つけてしっかり向き合いましょう。

お風呂でも乾燥肌の対策

肌がカサカサしがちな乾燥肌の女性は意外と多く、乾燥の季節でもある秋・冬には対策を行い、潤いのある素肌作りも重要なことで、乾燥した肌をそのまま放置してしまうことでシワ・かゆみの原因を作ってしまいます。カサカサ肌に悩む男性も多いのがボディの乾燥肌で、対策としてはお風呂にもポイントがあります。汚れ落としのために身体をゴシゴシ洗うことはタブーとされていて、手をスポンジ代わりにして優しく洗うことで刺激・負担を与えることなく潤いを保つことができます。さらにボディソープは保湿成分配合タイプを使用し、モコモコの泡を作ることも水分保持できる特徴の1つです。さらに乾燥は水分の蒸発による原因が主なので、高温・長時間の入浴というのは対策には向かず、入浴後は身体が乾燥しやすいのでタオルドライした後は速やかにボディオイルで肌を保護することもポイントの1つです。